【ビーグレン誕生ストーリー】
大々的なCMをしているわけでもないのに、くちこみを中心に、ジワジワとその人気が浸透し、
今や注目コスメの代表格であるビーグレン
アメリカで人気のバイオ化粧品として有名ですが、まずはその誕生ストーリーから、その人気の秘密を探ってみましょう。
■カリフォルニアの豊かな街で生まれたビーグレン
ビバリーグレンラボラトリーズが生まれたのは、1994年のこと。カリフォルニアの街、
ハンティントンビーチに誕生しました。
ここは、年間を通した温暖な気候と世界中のサーファーが集まる街として知られているところ。
オーガニック食品のマーケットに人気が集まるなど、健康と若さにこだわる人々が数多く暮らしており、
ビーグレンもそんな人々のこだわりの心にはぐくまれてきました。
■児玉氏とケラー博士の出会いが誕生のきっかけ
創設者である児玉朗氏は、駐在員としてアメリカでビジネスチャンスを探していました。
そんな彼がであったのが、浸透技術の第一人者である、ブライアン・ケラー博士。

癌や遺伝子の治療薬と浸透技術の研究に関して第一人者であったケラー博士が、
その浸透技術を肌に塗るスキンケアに応用することを考え付き、開発したのがビバリーグレンラボラトリーズなのです。
ハイドロキノンとシムホワイトのWパワー
シミがあると見た目年齢は一気に高くなってしまうもの。アンチエイジングの第一歩はやはりシミ解消ですよね。
そんなシミ対策をしながら透明感のある美しい肌を取り戻したいという人たちに圧倒的な支持を受けているのが、
ビーグレンのホワイトクリームexです。
このクリームは、皮膚科や美容クリニックで処方されるハイドロキノンに加えてシムホワイト377が配合された美白クリーム。
ハイドロキノンとシムホワイト、ダブルの美白成分で、これまで以上の効果が期待できます。
しかも、浸透テクノロジーGDM12が採用され、美白成分がお肌の奥まで届くのもうれしいポイント。
さらに、コラーゲンの活性化効果がビタミンCの6倍もあるEXポリリン酸も配合されているので、
シワ解消やお肌のハリを取り戻す美肌効果も期待できそうですね。 ニキビ

PR|
ウォーターサーバー口コミ
|乾燥肌対策
|乾燥肌対策辞典
|便秘解消する方法
|脱毛サロン 口コミ

月別アーカイブ